ブログがきっかけでWeb業界へ転職した話

祝日が出勤日の会社で働いていた体験談。法的に問題ないけど祝日出勤は辛い…。

祝日が出勤日の会社で働いていた体験談

祝日が仕事の職場で働いていたのですが、祝日に出勤して仕事するのって凄く辛くて憂鬱な気分になるんだなと思いました。

完全週休二日制で土日は休日、祝日出勤日と言っても年末年始やGWの後半4日間、お盆は休みのため、年間休日が115日くらい。年間休日日数が100日未満の仕事がある中でこの休日日数は、世間一般で見ればそんなに少ないとは言えないかもしれません。自分も入社時は「まあ土日が確実に休みなら良いか」とか考えていました。

しかし、実際に祝日に出勤して仕事をしてみると「祝日なんて休みでいいじゃん…」という気持ちになり、ネガティブな気持ちがとめどなく湧き上がってきました

今では祝日にしっかり休めて遊びに行くスケジュールも立てやすい職場に通っていますが、祝日休みがこれほど贅沢なものだとは思いませんでした…!

そもそも祝日に出勤させるのは法的にセーフなの?

祝日に出勤したくなさすぎて「祝日出勤を違法にしてくれ!」と何度も願ったことがありますが、残念なことに祝日を出勤日にするのは合法です。労働基準法35条に明記されています。

  1. 使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。
  2. 前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

引用:労働基準法35条

「毎週少なくとも休日を一回」というのがね、そもそもゆるいんじゃないですかと言いたい!!
つまり法律でもっとたくさん休みを取れるように強制してもいいじゃないってこと!

ちなみに私は法学部出身で、祝日に出勤させることが合法なのは認識していました。出勤日となっている以上は祝日に出勤しても代休も休日出勤手当もありません。しかしまあこれがもう違法的に辛いのなんの。違法じゃないんだけどね…。

祝日の仕事がいろいろ辛い件

というわけで、祝日出勤の何が辛かったかを綴っていきます…。

祝日は通勤電車が平日よりも空いていて憂鬱

電満員電車が大嫌いなので電車が空いていること自体は良いのですが、しかし祝日だからみんな休みなのかと考えると何だか虚しくなってきます

最初は空いている電車に新鮮さを感じることもありました。しかし通勤し続けていると「他の人は今日休みなんだよな…」と羨ましさとか妬ましさといった感情が湧き上がってきます

そんな感じで世間一般では休んでいる人が多いのかと考え始めますと、

「あー休みたい、俺も休みたい…」

こんなふうに休みたいという気持ちがひたすら湧き上がってきて、祝日が休みでないことに絶望すら感じてしまいます。

他社が休みのため暇

さて祝日に出勤して仕事するかーとデスクに向かってみるのですが、しかし他の会社が休みのためかなり暇です。

作業中、取引先に確認したいことが出てきても先方に確認が取れませんので、少なくとも確認しなければ進められない作業については翌日以降に持ち越しとなってしまいます。もちろん取引先からのほぼほぼ連絡もありません。そんな感じで平日と比べると仕事が減るため必然的に暇になってしまいます。そんでもって仕事も溜め込まないで処理していたので手持ち無沙汰になってしまいます。

暇すぎる中で「他社は休みか…」と実感してしまうのですが、

暇だから弊社も休みにしろ

とか思ってしまうんですよね。

隣の芝生は青く見える…というか青々と生い茂っています。他社が休みであることが羨ましくて仕方ありません。

暇だけど疲れる

祝日の仕事は暇な割に、やたら疲れます。下手すれば平日の仕事よりも疲労度が高いのではないかと思うほど、思いのほか疲れます。

肉体的な疲労というよりも、「なんで俺は祝日に出社しているんだろう…暇なのに…」という考えから来る精神的な疲れといった感じ。

通勤時間中も「今日いったい何やればいいんだよ…」とか、勤務時間中も「むしろ何か問い合わせの電話かかってきてくれー」とか考えてしまうんですよね。

暇だと分かって出社すると、勤務時間中がひたすら暇でかえって気疲れしてしまうということに気づいてしまいましたよ…。

三連休がないため旅行等の遊びの計画が立てづらい

私は三連休があると一日目と二日目はちょいと旅行に行って、三日目は家でのんびり過ごすという計画を立てたい人間なのですが、そもそも三連休が無いので旅行に行こうという気持ちがなかなか起きません。

日常的な行動範囲外の気になるスポットを巡るのに三連休はちょうどいいタイミングなのですが、祝日が休みではなく土日休みしかないとふらっと旅行に出かけるのも面倒に感じてしまいます。月曜日のことが頭に過ぎってしまうんですよね。というか体力衰えすぎてヤバイ!!

「長期連休まで待ってから行け」とか言われそうですが、三連休と長期連休中では混雑状況とか違いすぎるんですよね。長期連休は観光地に人多すぎて満足に巡れないっていうね。

また友達から「今度の三連休に旅行しようぜ!」と誘われても、「祝日出勤なんだよねー」と断らざるを得ません。うーん機会損失。

祝日は休みにしてくれ!

祝日の出勤日はとにかく仕事が暇なので「休みにしろよ!」とかずっと考えていました。やることがなさ過ぎるのを会社側も理解していて、出勤している意味があるのかどうかが謎だったんですよね。祝日の仕事は暇すぎて辛かったです。

私の場合はオフィスワーカーで、これが納期の決まっている工場等の場合は祝日でもそんなに暇がないのかもしれません。稼働のスケジュールが決まっていればそれに合わせて行動できるので、暇すぎて辛いということは少なくなるでしょう。まあ工場も祝日は休みでいいじゃんと思うんですけどね。

「祝日は出勤日でも、土日が確実に休みで年間休日が115日あるならいいかな」とか思っていたこともありましたが、今では絶対に祝日出勤もなしで年間休日が125日くらいのところがいいと断言できます。その方が絶対にストレスも疲れも溜まりませんからね。

もし仕事で暇すぎるのが嫌だとか、三連休に旅行に行きたいとか考えている人は祝日に休みの会社に行くことをおすすめしますよー!

土日も祝日も休みの会社に転職しました

過去に祝日出勤が出勤日の会社に勤めていましたが、今は転職して土日も祝日も休みの会社で働いています。三連休になったときの計画が立てやすく、祝日を贅沢に満喫できています!

祝日も出勤日だったため、その分転職活動の準備に当てられる時間が少なかったのですが、そこで役に立った転職サービスが『MIIDAS(ミイダス』でした。

『MIIDAS』は自分に興味がある企業がアプローチをしてくれる転職サービスです。プロフィールや経歴を登録しておけば、そこから「この人材に興味がある!」と判断した企業からオファーを送られてくるので、会社に勤めながら転職活動している人にとって非常にありがたいサービスとなっています。

しかも登録するだけで自分の市場価値が分かるため、給与アップにつながるかどうかも分かりやすくなっています

またMIIDASを通じて送られてくるオファーは面接確約済み…いわばいきなり書類選考に通過した状態でスタートできるため、転職活動がかなりスムーズに進んでいきます。書類選考の結果を待つのは結構ストレスがかかるので、開放的な気持ちで転職活動に臨めるのが魅力のサービスです。

「転職したいけど祝日出勤で転職活動に当てられる時間が少なくて困った…」という方は是非MIIDASに登録してみてください。プロフィールや経歴を登録しておけば企業の方からオファーが届くので、転職活動にかける時間を抑えながら転職できますよ!